人余りに家余りの時代なら

断食道場3日目、やっと清々しい朝を迎えて

今日から復食に入りました。

たった2日間のファースティングなので

全く苦痛はなく、あっという間でしたね

お酒も休憩だから?

体重より浮腫みはなくなった感じがします(*^▽^*)

ところで東洋経済オンラインで

「人手不足な職業・人余りな職業」
58区分に分けたランキングが出ていました。

知り合いからよく聞くのは
”人手不足で倒産しそう”という状況

らしいのです。

有望な方は無理でも、対話と管理が

出来る経験者が欲しい。。。

それは建築関係者で

大手にしか人材が集まらない。

入札したくても人がいないから

入札できないし、現場を動かせない。

と聞いたことがありました。

また、とある飲み屋での会話。

軽天屋さんをしている人が

休みが全くなくて、金は入るけど身が持たない。

断る仕事が多い。と嘆いていました。

やはりランキングに出ていた
1位は建設躯体工事の職業でした。

建物の骨組工事をする仕事で

型枠大工、とび工、鉄筋工など

有効求人倍率は9.62倍

10社が募集しても1人しか応募者がいない。

超人手不足状況で、東京五輪を控え

建設ラッシュが続き、

人手を求める動きは大変そうです。

続いて
2位は警備員などの保安の職業

4位建築・土木・測量技術者

5位建設の職業

8位土木の職業

と、建設関連の職業が上位ですね。

でも、医療・福祉系も人手不足が慢性的で

現場のヘルパーとか直接携わ介護系の

人手不足とばかり思っていたけど

医師、歯科医師、獣医師、薬剤師が3位

とはビックリです。

最下位の58位

その他の運搬・清掃・包装放送等の職業

57位が一般事務の職業

ということはデータ的には

オフィス系の事務職は、人余り状況。

事務の効率化や機械化などが進み

人手を必要としなくなっているのが背景にある
ロボット化やAI(人工知能)化で人は要らなく

なってきている。

という記事内容でしたが

人口減少と言われている今の時代

本当に人余り状況ってあるのかな?

東洋経済オンラインで

「人手不足な職業・人余りな職業」ランキング

https://toyokeizai.net/articles/-/216656?page=3

だったら、人余りに家余りの時代なら

人手不足同様に

どんな家が不足なのか・・・・。

それが今後の需要になるけど

なんだろうなぁー( ̄^ ̄)

新しい住まいの提案

https://ameblo.jp/atelierhouse/entry-12353366756.html

 

コメントを残す