富裕層との格差がまた生まれてますねぇー

先日の、日経新聞より

「K字経済」住宅価格にも 
都心は上昇・近郊は低迷

<一部抜粋・引用>

住宅価格の二極化が進んでいて
都心では高所得者層の購買意欲で
値上がりが続く一方、
近郊では減速が顕著だそうです。

中低所得者層が購入を控え
持ち家を売却する動きもあって

経済回復の進み方が
上下に開く「K字型」の兆候が

住宅価格にも表れて、大都市圏で
高額な住宅が売れている(@_@)

全国平均の取引価格は
前年同期比で6.2%下がったのに

港区や千代田区では
2020年4~9月の住宅1坪あたりの
取引価格の伸びが10%超と
過去5年平均の2倍に達して

大企業に勤める高所得者層は
コロナ禍でも賃金が安定し、
株価の上昇で保有している資産価値が
増える恩恵も受けているそうです。

その一方で
昨年からは飲食やサービス業で
働く人や非正規雇用の人たちなどは
失業や収入減に追い込まれやすく、

厳しい環境が続くなか
働く人の相談が一気に増え

家計が厳しくなり家を手放す人は
増えているとのことですが

新築住宅は売れていますけどねぇー。
ただいつまで所有できるかは。。。

今年1月、東京の人気エリアの広尾で
売り出されたマンション38戸が
1カ月で売り切れた(@_@)

ワンルーム中心で価格は
1戸5200万~8680万円。

購入者の年収は1000万円以上
9割を占めていて

すべて賃貸収入や節税を
目当てにした投資だそうです。

金額が高額ですやん!

なのに、好立地の物件の価格は
まだ上がると書いていました。

マジですか!

そして、大阪府でも同様の傾向で
中心部の大阪市浪速区は12.7%上がり
通勤に便利なマンションを中心に
需要が大きく、投資マネーも流入して

2025年の大阪国際博覧会の会場となる
此花区で13.3%上昇するなど、

継続的な値上がりが見込めていて
再開発エリアも上昇しているそうです。

商業施設やオフィス向けの投資が
低調な中で、住宅取引に流入するマネーは
増えたこともあり、
より高品質・好条件の物件が選好されて

コロナ知らずで伸び続ける高級物件と
そして、コロナ禍で低調な低価格物件

住宅価格の二極化へ

というよりも

富裕層との格差がまた出てくる
ということなのですね(-_-;)

今回の緊急事態宣言で
更にこの傾向は進むと思われます。

どうなる、日本の未来?

上記詳細データは

日本経済研究センターより

データサイエンス