第3回「白ゆり大家の会」

昨日は女性大家さんのための
賃貸経営を学べる会
「白ゆり大家の会」を開催しました。

会場の都合上、先にランチ会でしたが
ランチだけでも!と参加してくださる方もいて
総勢18名の方がご参加くださいました。 

小さなお店でのランチ会なので
貸切にしてもらえて
女性同士ということもあって
皆さんアドレス交換にご挨拶など
凄い会話が弾んでいるのです。

今回の勉強会の主旨は
不動産経営をするうえで
建物・入居者・自分の保険補償
をどれだけ知っているのか。
ということです。

火災保険・家賃保証・生命保険etc
たくさんあるけど、どの内容でどんな対応か。
目的は何か。ご存知ですか?

火災保険や家賃保証など
私達不動産業者は知っていて当たり前
ですが、家主さんにはどこのどんな内容か
ちゃんとお伝えしていないことが多いのです。

保証会社も入居者内容で変えています。
だから保障も対応も違うのです。

大家さんとして、不動産投資家として
自分の身に降りかかるから
知っていないといけない
保険・保証・保障なのに
解からない分野として放置していたり
不動産会社や管理会社に任せていて

いざという時には入ってなかった。
対応されていなかった。
報告先が解からなかった。
後で気がついたけど先に修理をした。
など、知らないで損をしていることも多いのです。

今回は各業界のプロフェッショナルの方を
4名お呼びして、各20分ずつ
私の〆のお話で90分という強行講座でした(‘◇’)ゞ

本来ならゆっくりと説明をする方が
いいのですが
深堀する前にどのようなものがあって
今どのようなものに加入しているか。
まず自分の保険・保障・保証の内容を
見直して欲しいからです。

アンケートでも
短い時間だからこそ要点がつかめた。
色々な話を聴けて良かった。
今まで気もしていないことで、見直しの材料になった。etc
そう言ったご意見を頂けて嬉しいです。

身近なのに知らないことを
知ることが賃貸経営に必要なんですね。
 
知らないことさえわからないのが現状
それを知っている私だから
ご提案させていただいています。