心理的瑕疵の取扱いに関するガイドライン案

心理的瑕疵についてのガイドライン案
去年からどうなるのかと気にしていましたが
「事故物件」病死は対象外、殺人、自殺は
告知求める。
というニュース記事で知りましたが
国土交通省は20日、
入居者らが死亡した「事故物件」について
不動産業者が売買、賃貸の契約者に
告知すべき対象の指針案を公表しました。

あくまでもまだ案で
6月18日まで一般から意見を募った上で
決定するそうです。
私たち宅地建物取引業者としては
告知の必要があっても
いつまで、何を、どこまで???
明確なルールがなく具体的な扱いは
業者の判断に委ねられていたので
告知しない業者も多かったのです。

そこで、どのような内容か
ガイドラインを確認しますね。

****************

【わかりやすく一部抜粋しました】

本ガイドラインの位置づけとして
取り扱う宅地建物取引業者によって
対応が異なる状況があり、
締結される契約の内容等によって
個別に判断されるべきものであり、
宅地建物取引業者が本ガイドラインに
基づく対応を行った場合であっても、
当該宅地建物取引業者が
民事上の責任を回避できるものではない
ことに留意する必要がある。

本ガイドラインは、
宅地建物取引業者のみならず
取引当事者の判断においても参考にされ、
トラブルの未然防止につながることが期待される。

本ガイドラインにおいては、
人が継続的に生活する場(生活の本拠)
居住用不動産を取り扱うこととする。

集合住宅の取引においては、
買主・借主が居住の用に供する専有部分
貸室に加え、買主・借主が日常生活において
通常使用する必要があり、
集合住宅内の当該箇所において事案が
生じていた場合において、
買主・借主の住み心地の良さに影響を与える
と考えられる部分をも対象に含むものとする。

過去に自然死が生じた場合には、
原則として、これを告げる必要はないものとする。
事故死に相当するものであっても、
自宅の階段からの転落や、入浴中の転倒事故、
食事中の誤嚥など、日常生活の中で生じた
不慮の事故による死については、
そのような死が生ずることは
当然に予想されるものであり
これが買主・借主の判断に重要な影響を及ぼす
可能性は低いと考えられることから、
自然死と同様に、原則として、これを告げる必要は
ないものとする。

ただし、
自然死や日常生活の中での不慮の死が
発生した場合であっても、取引の対象となる不動産において
過去に人が死亡し、長期間にわたって人知れず
放置されたこと等に伴い、
室内外に臭気・害虫等が発生し、
いわゆる特殊清掃等が行われた場合においては、
買主・借主が契約を締結するか否かの判断に
重要な影響を及ぼす可能性があるものと考えられるため
原則として、これを告げるものとする。

賃貸借契約について 
事案の発生から概ね3年間は、借主に対してこれを
告げるものとする。

自然死又は日常生活の中での不慮の死が
発生した場合に掲げる事案が発生している場合には
原則としてこれを告げる必要はないが、
人が死亡し、長期間放置されたこと等に伴い、
特殊清掃等が行われた場合においては、
これを認識している宅地建物取引業者が
媒介を行う際には特段の事情がない限り、
事案の発生から概ね3年間は
借主に対してこれを告げるものとする。

今後の事例の蓄積を踏まえ、
適時にガイドラインへの採用を検討し
新たな判例や取引実務の変化を
踏まえるとともに、社会情勢や人々の意識の
変化に応じて、適時に見直しを行うこととする。

宅地建物取引業者による人の死に関する
心理的瑕疵の取扱いに関するガイドライン(案)

たった11枚の資料ですので
是非皆さんもご確認してください。
   ↓↓
https://public-comment.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000219027

****************

<私見です>
大島てるのネットからは消えないはず。。。

先日、都市再生機構の募集方法で
特別募集住宅としていましたが
都会と地方では異なるのですよね。

私は自殺でも死に方だと思っています。
ナイフで?首吊り?薬で?
すぐ発見?1日過ぎてから?

だけど、虐殺という他殺について
3年でいいのでしょうか?
数年間、人によってはずーっと消えない
怖い記憶になります。
それに、新聞や週刊誌に取り上げられたら
世間に周知されてしまうのです。

最近事件が多いので、大家さんは
少々のことなら隠したくなるし
不動産業者も悪質なのがいるので
ガイドラインがある方がいいのかもですね(>_<)

ただ、まだ、案ですよー!
今後、ガイドラインが固まったら掲載しますが
全てを活用するには難しいところもありますので
取り扱いにはご注意ください!